2019-02-03クリエイティブサポートレッツ【表現未満、文化祭】
dav

昨年11月にオープンした「たけし文化センター」を中心に、表現未満、文化祭が

12月1日より3日まで行われています。

早速初日にお邪魔すると、「たけし文化センター」近くまでくると

賑やかな音楽がお出迎えしてくれ、まさに学生時代に味わった

「文化祭」のワクワクが高まります!

 

sdr

さて、音楽の源は1stEPをリリースした「とびうお」のメンバーの

Liveです。

道ゆく人も、信号待ちの車の運転手さんも、みんなニコニコして聞いてくださっているのが印象的でした。

まだ、この地に移ってきて間もないのですが、すでに地域の多くのみなさんに認識していただき、「表現未満、」が、「表現最高!」になっていると感じました。

 

 

dav
dav

オープン当初はすっきりとした印象だったセンターですが、この日は「表現」で溢れていました。

 

dav

ピアノの音が流れ

sdr

隣では恋愛妄想詩人のムラキングさんの「耐久、詞の千人斬り」があったり、

※この日は生まれ変わったら?というお題から筆者をイメージして書いてくださいました。

sdr

屋上ではBBQがされていたり、盛りだくさん。

※ちなみにここでのBBQはなんと、ししゃも!私もご馳走になりました。

 

とにかく風が強くて寒かったのですが、そこもまた文化祭の楽しさ。

全員で「屋上」と「風」と「ししゃも」を共有しながら、楽しい時間でした。

sdr

本日最終日ですが、文化×福祉×街づくりについてのトークイベントも17時まで行っています。

どうして、浜松の中心市街地に「たけし文化センター」をつくったのか?

それによってどんな事が起こりはじめているのか?

今後の可能性について など

ゲストとクリエイティブサポートレッツ代表理事の久保田さんとの

トークイベントからも、また「何か」が創造され、生まれる予感がします!

門脇 幸 コーディネーター
高知県出身:14歳で単身上京。ミュージカル「アニー」にてデビュー。フリーでの俳優を経て劇団四季へ。退団後、タレントスクールを設立、後進の指導にあたる。県民市民ミュージカルの振付等を行う中で、市民との舞台芸術の共創に興味をもち、現在、公立文化施設(ホール、劇場)での市民との共創をテーマに研究中。2017年より茨城県文化プログラム推進コーディネーターとしても活動中。
このコーディネーターの他ブログ