NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト シリーズⅡ ~N響メンバーによる古典派編+野平一郎 新作「静岡トリロジーⅡ」~

NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト シリーズⅡ ~N響メンバーによる古典派編+野平一郎 新作「静岡トリロジーⅡ」~

NHK交響楽団が、世界的作曲家・ピアニストであり静岡音楽館AOI芸術監督の野平一郎の三部作「静岡トリロジー」を世界初演するシリーズ第2弾。今回はNHK交響楽団のメンバーが古典派を代表する作曲家モーツァルトの名曲と共にお贈りします。

■出演
野平一郎
NHK交響楽団メンバー

■曲目
野平一郎:静岡トリロジーⅡ(公益財団法人静岡県文化財団委嘱作品)
W.A.モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550 他

【NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト】
静岡県の「文化プログラム」として開催するこのプロジェクトは、グランシップが国際的に活躍する作曲家・ピアニストであり、静岡音楽館AOI芸術監督の野平一郎氏に、静岡の歴史に残る楽曲(三部作)を委嘱し、毎年1作ずつ3年の歳月をかけて、日本を代表するオーケストラNHK交響楽団が世界初演する大プロジェクトです。新作委嘱作品は「静岡トリロジー(三部作)」と名付けられ、第1回目は、2018年3月3日にNHK交響楽団のメンバーによって熱演されました。
このコンサートの魅力は、野平作品に加え、音楽の歴史を辿るように、その時代の名曲をNHK交響楽団メンバーの演奏で楽しめること。第1回目は小編成のアンサンブルによるヴィヴァルディとJ.S.バッハによるバロック時代の名曲をお届けしました。今回の第2回目は時代が進み、古典派時代を代表するモーツァルトの作品を演奏する予定です。

野平一郎氏が静岡のための書き下ろす大作「静岡トリロジー」と音楽の歴史を辿る名曲を、幅広いレンジでお楽しみいただくことができる3回のシリーズは、2020年のオリンピック・パラリンピックの年に完成を予定しています。このプロジェクトは静岡から全国に、2020年に向けて世界に発信できる大きな文化的財産となることが期待されています。

日時:2019年3月24日(日)15:00開演(14:30開場)
会場:グランシップ中ホール・大地
料金:S席5,100円、A席4,100円、こども・学生1,000円
   ※こども・学生は28歳以下の学生、未就学児入場不可

日時 2019年3月24日(日) 開演15:00開演(開場14:30)
開催場所 グランシップ中ホール・大地
(静岡市駿河区東静岡2-3-1)
交通 JR東海道線東静岡駅南口隣接
お問い合わせ グランシップチケットセンター
tel:054-289-9000