かけがわ茶エンナーレ

提案者

かけがわ茶エンナーレ実行委員会【掛川市】

概 要

かけがわ茶エンナーレは、掛川市の地域資源である「茶・茶産地」と「アート」を融合させ、地域の魅力を再発見することを目的とした地域芸術祭です。初開催となる今回は、2017年10月21日(土)〜11月19日(日)を会期とし、お茶のまち掛川がまるごとミュージアムに変わります。
山口裕美総合プロデューサーが選んだ20名+1グループの現代アート作家による「アートセレクション」、公募・推薦による「お茶」をテーマとした「みんなのミュージアム」で構成され、「喫茶去」をキーワードとする掛川茶によるおもてなしも実施します。

かけがわ茶エンナーレ アートがいきづく茶産地へ

アートが いきづく茶産地へ。
~茶文化創造千日プロジェクト~

日本有数の茶産地、静岡県掛川市。美しい茶畑が広がり、はるかな歴史と豊かな文化が息づくこの地で、2017年10月「かけがわ茶エンナーレ」が幕を開きます。「かけがわ茶エンナーレ」は、掛川市が世界に誇る「茶・茶文化」と「アート」を融合させたアートプロジェクト。
アーティストと市民、地域がひとつになり、掛川市を舞台に、アート作品の展示やパフォーマンスなどの多彩なプログラムが展開されます。「アート×茶・茶産地」の視点から、掛川市を見つめ直すことで、いままで見たことのない風景や気づかなかった魅力に、きっと出会えるはずです。