静岡県でもっとも小さなまちをアートで綴る

提案者

松崎町「絲」concept【松崎町】

概 要

伊豆・松崎町の豊富な地域資源の中から、「町の風景×人」「牛原山×こども」「依田邸×三番叟」に着目し、映像作品制作、ワークショップ、伝統芸能共演等を通して情報発信を行うことで、地元の人々による地域の魅力の再発見や、地域外の人々の注目・来訪を目指す。

松崎町「絲」conceptによる「野山 no LIFE」が11月25日(土)、26日(日)の二日間で開催されました。

私たちが暮らす松崎町は、伊豆半島の西海岸にある電車も通らない、人口が約6800人と静岡県で最も小さな町です。

ある人は、「海山川の自然も、美味しい海幸山幸も、なまこ壁の映える情緒ある町並みに歴史ある文化も、何でもある」と言います。
また、ある人は「なんにもない、退屈な田舎だ」と言います。

私たちはというと、もっと魅力的になる可能性を秘めた最高の田舎町だ、と思っています。

自然に満ちた美しい町と、人懐こくユニークな人々を、
アートという起爆剤を使って、今までになかったような、刺激的でセンセーショナルな方法で表現し、
この町の新たな魅力をアピールしたいのです。

この町で暮らす私たちを、皆さんが羨ましく思ってしまうように。
この町で暮らす人々の毎日が楽しくて仕方なくなるように。
この町で育つ子どもたちが、未来を思って目を輝かせられるように。

かつて養蚕で栄えた松崎町が、失ってしまった「絲」をキーワードに、
町中に散りばめられた宝の破片を、
編み、組み、紡ぎ、綴っていきます。

すでに素材は出揃っています。

さて、どんなタペストリーが織り上がるのか。
どうぞ、楽しみにしていて下さいね。

松崎町「絲」concept 代表 高野恵子